クラミジアは初期症状なし | 性病は仕方ないものです。かかってしまったのなら治療薬を!

クラミジアは初期症状なし

散らばっている薬

クラミジアは正式名をクラミジア・トラコマティスと言います。
クラミジア・トラコマティスに感染すると1~3週間以内に症状が現れ、
男性の場合は「排尿痛や尿道のかゆみ」が現れ、女性場合は「無症状」というものです。

非常に怖いのはこの女性の側に自覚症状が存在しないということなのです。
しかもクラミジアというのは女性を不妊に陥れる可能性のある非常に危険な病気です。
そのために、男性側がクラミジアに感染していた場合というのは、女性にもそのことを伝えるべきことです。
まだ初期の場合であれば治療薬での治療が間に合うというものです。
最悪の場合を考えるのであれば、そのパートナーとの関係性が一時的に不安定なものになるなど些細なことです。
自分が体を重ねた相手なのですから、明日になったらもう他人。というのは非常に人間的でなく悲しい考え方です。
その肌の温かさを味あわせてもらったのですから、そこに対するささやかな感謝の気持ちとして、性病が発覚したことぐらいは伝えましょう。

女性側が考えないといけないのは最終的な不妊のリスクとなります。
産む、産まないに関わらず、産めない体になるというのは非常に悲しいことです。
本能的な生活に身を置きすぎて生き物としての本懐を忘れてしまうのは本末転倒も良いところです。
不妊という悲しい結果を産まないためにも少しでも体に違和感を感じた時点で婦人科へ向かいましょう。
相手の男性が責任を取ってくれるという保証はありません。
自分の身は自分の身で守るしか無いのです。
通販であればクラミジアを始めとした性病の検査キットが非常に安価で購入することが出来るために、不安な女性はそういったものを試してみるのも良いかもしれません。
最終的にその咎が自分に帰ってくるのは納得がいかないでしょう?
そうであれば実質的に完全に治療することが重要なのです。